オーダーシャツを作るメリットとデメリット

服装を気にする人は特にほかの人が着ていない柄のシャツや形状のシャツを着たいと思うのが普通です。

服装にそれほどこだわらなくても、自分と全く同じシャツを着ている人と出会った場合にはどこか気まずい雰囲気がありますし、日本人は特に人と同じ私服を着たくないという「かぶり」を避ける文化があるため、できるだけ周りの人と被らないシャツを着ることに無意識のうちにこだわっている人も少なくありません。



そこで、オーダーシャツを作るという選択肢が出てきます。

オーダーシャツとは自分の希望通りの記事や形状、デザインなどをあしらったシャツのことで、かつてはオーダーシャツ専門の専門店でシャツを作るのが主流でしたが、最近は専門店ではない大手の販売店やデパートなどでも積極的にオーダーシャツの発注を受けています。



オーダーシャツのメリットは世の中に1つしかないシャツを作ることで、それが奇抜なものであっても奇抜ではないごく普通のデザインであってもこだわりのある人はオーダーメイドにこだわるのです。

マイナビニュースならこちらのサイトがオススメです。

それが完成して自分で着て街を歩くときにはどこか誇らしげに胸を張って歩くことができるものです。


二つとないオーダーでシャツを作ることは日本人の心をくすぐるため人気がありますが、その一方でどうしても費用が高くなってしまうというデメリットもあります。

それがTシャツであってもYシャツであっても同じうような品質のシャツと比べると2割から3割は割高になってしまうのです。

ただ、それ故にオーダー品は魅力があるとも言えます。