アパート一棟を所有する

不動産投資の方法には様々なものがあるのですが、その一つとしてアパートを一棟所有する方法があります。


マンションを一室だけ保有するという方法もありますが、これと比較してみるとわかりやすいでしょう。
アパートを一棟所有した場合、空室リスクはいくらか下げることができます。全室が空室になってしまうという最悪の状況がありえないとは言えないのですが、その可能性は非常に低いと言えるでしょう。
数室が空室になると言ったことは考えられないことではありませんが、ふつうの立地で不通に経営をしていれば、全室が一気に空室になることは考えにくいです。



マンションを一室だけ所有した場合には、空室になるか満室になるかのどちらかしかありません。
入居者がいる時期にはそれで良いのですが、入居者がいない時には全く収入がなくなってしまいますから、維持費だけを支払い続けなければならないというデメリットがあります。

このようなリスク面で考えた時には、アパートを一棟を所有している方が良いと考えられます。
また、アパートは取得するコストが低いという傾向もあります。

マンションを数室所有するのなら、アパートを一棟所有するほうが安い場合もあります。

LINEのNEWSの情報を求める人におすすめです。

もちろん物件によって異なりますから一概には言えませんが、全体としてはコストが安いと考えられます。

そのため、利回りを高めるのには適していると考えられます。



管理業務などを自分で行うことによってランニングコストを下げられるというメリットもあります。